つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

ファイルメーカーのスキルアップ・ワークショップ-2

前回記事の続き

前回1月22日参加のファイルメーカーのワークショップの記事の続きです。
自分のいるチームに不安が募ってきた頃・・。


「船頭は一人がいい」を痛感

少し画面設計が進んだ頃、iOSでの表示方法などで、ベテランさん同士の「物知り系」指導が始まりました(泣)


どのiPhoneでも画面ぴったりに、表示させることを目的の一つとしていたハズなのですが「そんな簡単な事いつでもできる」的な振る舞い。しかもそればっかりに執着してしまい「こうやって、ああやって」と進行役(Macを操作して作っている人)に指示するがうまくいかない・・。
 結局ファイルを開いた時に、画面サイズを機種から拾って、それを当てはめて表示するというスクリプトを作成し対応。
 この人あんまり詳しくないのでは?と疑惑が・・。


 途中で画面をヨコにした場合やiPadはどうなるのかという疑問もあったが、私は結局コマンド類には、詳しくないので、こういうことを実現させるにはどうしたら良いのかわからず、残念ながら静観・・。
 しかも、その後データを入力したり表示するフィールド枠が、画面サイズに合わせて成り行きで、伸びたり縮んだりする設定があり、さんざんやった挙句に今!というタイミングで設定。
おもわず「さっきのスクリプト、必要ないのでは?」と思いました。

ワークショップの様子

▲初級者ばかりのチーム・・
 こっちの方が「形」ができてる!


「コマンド関数やスクリプトをたくさん知ってマス」は、いいんだけど、使い勝手や見た目を気にしないあまり、出来上がったデータファイルがあまりにも地味。
「これでいいんでしょ、出来たよ。あとなんか必要?」という態度にちょっとイライラしました。


みんな置き去り・・

私は、とりあえず「使用機種の判定ができたなら、それを表示するぐらいしましょう、画面も寂しいし」と提案。iPhoneの場合は「iPhone」と表示するように欄を作ってもらいました。このぐらいのUIぐらいは考えないとダメじゃん。


 さらにその方の発言。このワークショップの出来は「いつもこんなちょっとゆるい感じです」とその方は言っていたが、原因はあなたなのでは?・・。ユーザーはもちろん、ここにいる私達も置き去りですよ。


いつも強気の発言をする、オレについてこい的な人。どこにでもいると思いますが、周りは、その間違いや軽率な発言にシラっとしてることも、また多いんですよね。


ワークショップ自体は良かったのに

ワークショップ自体は、参加した意義があって、とっても良かった。主催者の方には感謝しています。
 が、今後は参加メンバーには不安です。他のチームにも発言や態度が「?」な人もいました。


本当は、以前古いバージョンで作った、年賀状入力補助アプリや中古車原稿入力補助アプリを新しく作り直すヒントが、ベテランさんからほしかったのですが、あまり得られませんでした。

▲広告デザイン職人ですが、こんなアプリも作っていました。
 一昨年まで現役で使っていました。


次回のワークショップ、さてどうなることやらわかりませんが、個人的には、参加メンバーがどうであれ、次回も参加してスキルを磨きたいです。


主催:株式会社DBPowers
当ブログ管理人へのメッセージはコメント欄へどうぞ!コメントは非公開として保持されますので、
公開されたくない場合は一言添えてください。


PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。