つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

7月9日札幌市厚別川釣行

7月9日、札幌市厚別川へ

厚別川へ行ってきました!もちろんお気楽な川釣りです。
最初に大谷地方面、道央道の下へ行ってみました。エサは用意していないので、ルアーで探ります。
ルアーといっても淡水用として特に買ってないので、あるものでやってみました。


▲サイクリングロードの厚別川にかかる橋


手持ちにあるもので、まずはスイミングのワームに付けて、フラッシュとして使おうと思っていた超小型のスプーン。3gグラムぐらいの丸型を投入....するも反応無し。次にクリアラメ系ワーム、ダイワの月下美人とカサゴ職人を使用。これもまったく反応無し。ノーシンカーでも同様です。ほかにもキラキラ系を試しましたが、反応無し。足元の土手から高さがないので、追っかけてきているかどうかは見えず、不明でした。


せっかく来たのにノーフィッシュじゃ悲しいので、ホームセンターまでエサを買いに行くことに。マップで調べたら軽く2kmはある。足がパンパンです!


エサ購入

清田高校あたりまで来たので、このあたりの堰で再び金属系ルアーでトライ。すぐにヒット!なんだよ、釣れるじゃん(笑)。
すぐにワームに切り替えてみるもアタリなし。う〜んキラキラと水中で生命感ある動きだけどなぁ。釣れません。


三度、スプーンに変えてサイトフィッシングをしばらく楽しみました。ただ少し大型になると、追っかけてくるけど釣れない状態。さすがに用心深いですね。
足をアリにかまれながら、遊びと言いつつ、エサを付けて真面目に狙ってみます。流れが渦巻いているところの端、少しながれに余裕ができるあたりにいると決めつけ、仕掛を何度か通す。
 突然仕掛が、ひったくられる!でかい!鋭い引きにびっくりしつつ、反射的に合わせるとうまくのりました!


厚別川のニジマス

▲最初はヤマメかと思ったけどニジマスだね


19cmありました!この川では、大きい方です。流れで水面近くを漂ったエサに水面を割る勢いで、食いついた様子は、まるでソイのようなアタリで気分上々。久しぶりにワクワクしました。写真では分かりにくいかもしれませんが、パーマークと虹が薄くなり銀色です。ひょっとして海へ下る個体かな。


場所移動します。36号線を過ぎて、少し上流へ。真栄2条あたりまで来ましたが、なかなかすっと川に降りられる場所が少なく、降りられても足場とポイントが遠すぎる。交通量も多くなりのんびりムードはないので、ここは諦めて、清田小学校のウラへ移動。ここの堰で再び開始します。


国道直下の橋の下で再開。日陰で過ごしやすいけど、人間の様子もバッチリ見えているのか反応は薄い。少し移動して、このあたりでは人がよく入る堰のポイントに投入。時間は午後3時すぎで、おそらく昼間にはたくさんの家族連れなどが遊んだであろう痕跡があります。サイズに関係なく持って帰られている事を覚悟で、ダメ元でやってみます。


▲ピンぼけウグイ


早速!写真のサイズのウグイがヒット!竿は防波堤使用なのででうまくキャストできませんが、よく絞られて楽しい引きです。
エサではほぼ入れ食いで、光物ルアーだとほどほどアタリがあり、すごく楽しめました。適したルアーを使えばもっと釣果があったと思います。少年が2人後からやってきたので、帰宅しました。一人はエサかな、もう一人は、4〜5インチのルアー付けておりました。チャレンジャーでした。


 総数は20引きは超えておりました。大きいサイズのものは、ポイントを絞り、かなり粘らないとヒットしませんでした。ブドウ虫は半分以上余りました。お子さんと一緒に遊ぶのにお薦めです。

PVアクセスランキング にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。