つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー記 第2部

2018年月の釣り新聞、道新スポーツ釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー参加しての第2部後半です。


スプーンで イソメ→3インチワームとスプーンのみで爆釣!

 穴釣りを始めると、ガヤがサイズアップしました。ぷりんぷりんのお腹で体高があります。ぼぼ尺ガヤです。なかなかいい兆候です。私達はガヤは食べないのでリリースしていると、「美味しいのに〜」とスタッフの方に言われました。
 刺身や煮付けで食べたけど、いまいち旨味が感じられなくて…。持って帰るのをやめてます。釣れすぎてガヤの写真はありません。


 最初はせっかくなので、もらったイソメとブラーでの使い探り釣り。しかしイチ落とし一匹で釣れるし、エサも少しずつ食べられて3回落としぐらいでボロボロになり、エサ箱から離れてしまいエサを取りに戻るのがおっくうに・・。
 このぐらいから、ワームとスプーンで探りつつ、移動し続けて行くと、少しずつソイがサイズアップしていきました。


 しばらくして、やっと待望の引きが!一瞬根掛かりのようなアタリがあった後、ぐんぐんと突き刺さる!「リールが巻かさらない!(北海道弁)」ソイの引きはほんとにロッドが激曲がりでした。この後も何度か掛けそこねたものの活性が高く爆釣。30cmUPも確保!
 そして恒例のこのあとは、昨年のようにワームも付けずに、スプーンのみでアブラコ40cmUPを4本揃えました。

室蘭沖堤防のアブラコ

▲ぽんぽん釣れて楽しい!肝心のクロゾイの写真は無かった・・


 今年のこの沖堤は穴釣りでアブラコやソイが釣れているらしく、スタッフの方たちも不思議がってしました。


カミさん、自己記録更新!

 「来てよかった〜、やっぱり室蘭だわ〜」と思いながらアタリを楽しみつつ、ちょこちょことカミさん達の方を見ながらチェックしていました。ちょっと離れすぎたので、どんな様子かなと最初の場所へ戻っていると、「タモーーー!」の大きな声。びっくりして見てみるとカミさんが大物を掛けた様子!

▲緊張のタモ入れ


 超ダッシュして戻り、撮影していると、魚影が見えた・・デカい!太い!まさに一升瓶級。ロッドが上がらない!抜きあげるのはムリなので、遠投チャンピオンさんの方がタモ入れしてくださいました。自分での計測は47センチ!


「重た〜い」「竿折れるかと思った〜」とすごく嬉しそう!2017年も自分がバラしたアブラコをかけ直した奇跡の持ち主だったが、今年は「45センチ以上を釣る!」という目標をこの6月で早くも達成!すばらしい!

▲デカイぜ!ハリがいい所に掛かってます


 その後もカミさんは40センチ台を一匹追加。自分はアブラコ42センチ、クロゾイ30センチを持ち帰り、本当はもう2匹大型のソイを追加したかったので的を絞ったが、深く食い込みさせようとちょっと送り込みすぎ、逆にかかりが浅くなかなか苦戦。その間もガヤは尺クラスが多数あがり数えきれず。


 この後はマリーナに戻って、バーベキュー。今年は女性が多いグループに混ざり(しかもたぶん同業の方たち)、きちんと食べることができました。食後のアイスを近くの道の駅みたら室蘭で購入。室蘭釣りのボルタ君がいればお土産にしたかったが、残念ながら無かったです。
 帰りのバスの中では、抽選会やじゃんけん大会を開催。自分はマルキューさんの味噌をもらいました。また道新スポーツさんからお土産に一袋もらいましたが、いろいろ入っていた中に、元ファイターズの大谷君の冊子があり、中々の見応えで大満足。


 今年も本当に来てよかった!つりしんさんありがとう!やっぱり室蘭はすばらしい!
後ほど総評もアップします。



当ブログ管理人へのメッセージはコメント欄へどうぞ!コメントは非公開として一時保持されますので、
公開されたくない場合は一言添えてください。



PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。