つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

「魚好きやねん」入手

「魚好きやねん」を入手しました

MARUZEN & ジュンク堂書店 札幌店」の地下2階(だったかな?)特設お魚コーナーにて入手しました。魚に関する本が、横3メートルぐらいの棚に子供向けの絵本タイプから大人向けのマニア本まで並んでいました。

▲なかなかおもしろい読み物でした。


 残念ながら釣りの本はほとんどなくて、フェアというわりには興味が湧く本はちょっと見当たらなかったです。透明標本の図鑑とかおけば人が集まりそうなのですが・・。まあ私も含めた釣り人は少なからずマニア気質はあるので十分面白いですけどね。


無料の小冊子発見

 そんな思いで見ているとふと目を上げると無料の文字!と「魚好きやねん」のタイトル。速攻で手にしていました(笑)


 内容はというと、大学の先生方や水族館の学芸員、水中写真家などの寄稿を小冊子にしたもの。大学の先生というと、堅苦しい文章でわけのわからない文法使いで終わるのがオチという感じがするが、寄稿者の先生たちは身近な「魚」がテーマだからなのか非常にわかりやすくて、面白い!掲載写真もキチンとしているのもよい。

▲寄稿のテーマも秀逸!


▲国営放送などで見たコブダイの記事


▲表4の奥付には東海大学出版部の記載が


▲東京都葛西臨海水族園の広告
 いいデザインです。


 魚を研究している人たちは、釣りも飼育も好きなんだなあと実感。実際釣りを絡めた記事も多いし。


水族館って何時間でも見ていられる

 どこの本だろと思ってウラを見ると、ジュンク堂と東海大学出版部の企画じゃないですか!なんとここにも東海大・・。かもめの本棚の広告も載っているし。6月の建学祭でまた海洋生物学部の学生をいじったり、ソイを見に行こうっと。エゾメバルやソイがいわゆる定位しているのを見ることができますよ。

▲学会誌の表紙。カジカだよね〜。
 いいセンスです。


 この本発行は昨年2016年の11月となっていますので、お早めに書店へ。


当ブログ管理人へのメッセージはコメント欄へどうぞ!コメントは非公開として一時保持されますので、
公開されたくない場合は一言添えてください。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ北海道
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ札幌
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。