つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

タイラバ スカートリグ

タイラバの改造

 最近のスマホの写真を整理していて、そういえば、以前タイラバに凝った時期があって、改造してリグを作ったなぁ〜と思い出しました。

スカートスプーンリグ

▲こんな感じです。激安スプーンにスカートつけました


 これがこの写真です。まだ装着していないハリとスカートのものもあります。本州のボート釣りでは、鯛ラバやジグでタイはもちろんハタ類やアブラコなどのロックフィッシュや、いろいろな魚がかかるのをテレビでみていて「いいなぁ〜、鯛ラバ一つでいろいろな魚がつれるんだな〜」と羨ましく見ていました。
 この写真の下のスプーンには、カミさんが以前買ってあった手作りラバー部品を拝借しました。街で売っているタイラバを1つ切って2つ分作成しました。1つ分をそのまま使うと大きすぎてサイズ感がまるで合いません。


スカートリグの部品

▲もうひとつ未作成のもの


 スモラバも使ったことがありますが、当時は軽いものしかなくて、沈まなくて使い勝手が悪かった記憶があります。逆に本物のタイラバ系は40gとか重すぎるものしかなくて・・。
 陸っぱりで使える、ある程度のウエイトでもっとコンパクトなものがいいな〜と思っていたんですが、ちょっともったいないけど、切り離してブラーにでも着けたらいんでないかい、と。釣りショップには手作りコーナーにいろいろありますが、揃えると結局値段はあまり変わらない。


 もともと作るのが好きなのですが、最近細い糸が見えづらくなってきました。そう老眼です!さらにスマホやポータブルゲーム機とかの小さい画面を見ていると余計にピントがあわなくて、つらい。
 なのである程度出来ているものにハリス付きのハリを結んでブラーやスプーンにつなげてしまおうと思い立ったわけです。

今秋、やっと実戦投入(予定! 笑)

 ここまでさんざん書いてきましたが、まだ実践投入してないんです。根掛かりが怖くて〜、もったい無くて。
 でも白老港にいったときにでも投入してもみようかと思ってます。あそこなら大物アブラコがいるはず!ひっとしたら今ならマス類もかかるかも!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。