つりとお魚とデザインと

釣りと自然が大好き。金魚やメダカの飼育、土いじりをしています。
癒やしとお楽しみを求めて、お気楽にやってます。

小樽方面での〜んびりハゼ釣行

小樽方面で の〜んびり

8月14日 再び小樽市方面でのんびりハゼっ子と遊んできました。


 最近ではハゼをクランクベイトで釣るのが復活?一部で流行っているらしい。しかし釣れたことはない(笑)。前に雑誌でLEONさんが小樽運河でやっておられました。ルアーを喰いにきてるっていうよりも威嚇なのでしょうかね?


 でも今回はさらにウグイがうるさくて目立つルアーや仕掛は使えません。
 うんまいハゼをたくさん釣るために、前回使用したちょい投げ仕掛+おもりの代わりにブラー付け作戦と、ハゼ天秤などを用意。カミさんはキスのような多点掛けをしてみたいらしく市販のハゼ仕掛を購入。ハリが4つ付いてます。


では、実釣!

 今回も完全にサイトフィッシング!ハゼの他にカレイの子やウグイがはっきり見えます。尋常じゃない暑さの中、さっそくポイントに投入!するとすぐにヒット...ウグイのヤツめ。おまいらに用はない!
 いや〜ほんとにうるさい。仕掛を入れる度にダッシュでウグイがやってくる!そこで、もっとシンプルな仕掛にしました。カレイ針ハリス付きにダウンショット専用のおもり(ハリス止めが付いたタイプ)を付けてみました。ハリスが長いのでおもりとヨリモドシを直接つけられます。これが意外によかったです。


 ハゼは意外に口がデカイので、小さくて細い専用の針じゃなくても、流線袖のカレイ針の12号前後でも釣れると思っています。特に大型の掛かりがいいかなと。

ハゼ

▲ファーストヒット!なかなにデカイ!


 ハゼの多点掛け....なかなかできません。カレイがかかったり、ウグイが寄ってきたりで状況が厳しいです。外道がいなければ可能でしょうね。
 ハゼ専用の仕掛がなくてもハリス付きの釣り針があれば、楽しめると思います。ロック用だと2.5グラムぐらいのスプリットショットか、ジグヘッドでシャンクが短めのものが使えます。イソメか汁系ワーム、ストレートワームがお薦めです。


ちょっとスレてきました

 自分たちもちょっと飽きてきて、アタリも遠のきました。どうやらスレてきたようです。ワームに変えて誘ってみるも、見てはいるけど食いつきません。オキアミワームも同様でした。
 場所を変えてソイやアブラコの反応を期待するもまったくなし。穴釣りではお兄ちゃん達がガヤを釣り上げておりました。


 カミさんが暑さでちょっと具合悪くなり引き上げました。熱中症には十分に注意が必要です。
 結果、二人で全部で約20匹のハゼを釣り上げました。大変美味しくいただきました。
これぞ釣り人の醍醐味ですね!

▲そんなに上手ではないですが、うまいもん食べたいからさ!
 結構丁寧にやりました。


▲そして素揚げ完成!うんまいよー


泥臭いイメージある人もいるかと思いますが、釣ってすぐに処理したり、粘膜を丁寧にとったり、ヒレの汚れをきれいに落とすとかすれば、香りが引き立ってすんごいうまい!
オススメです!


PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。